COVID-19 について(2021年4月更新)

ご両親や介護者の皆様へ
サタデースクール保護者の皆さま
いつもサタデープログラムにご協力いただきありがとうございます。
いつもサタデースクールプログラムへのご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
大阪でCOVID 19の症例が着実に増加し、「第4の波」の可能性をめぐる議論が高まっていることを受けて、皆様にメールをお送りしたいと思いました。この機会に、私たちが預かっている生徒の安全を確保するために実施し続けている予防措置についてお知らせしたいと思います。
この度は、大阪府内で確実に増加傾向にあり、[第四波]となる可能性が懸念されている新型感染症covid-19についてお話ししますが、ご連絡をさせていただきます。お子さんさまたちが当校プログラムに参加されている間、安全を第一に考え実施している予防策を今後も継続実施していきますが、改めてご説明させていただきます。
すべての生徒と保護者は、東ゲート(バスゲート)からのみ学校に入り、そこで体温測定を行います。入室後、エレメンタリーの生徒は体育館の外にある洗面台で、石鹸と水で手を洗います。ECの生徒の保護者の方は、お子さんと一緒に教室に行くことができますが、建物の中を歩くのではなく、学校の敷地内(出入りする場所)を通る必要があります。ECの生徒は、教室に入る前に、EC用の洗面台で石鹸と水で手を洗ってください。また、各校舎にはスプレーが用意されています。
すべての生徒、保護者の校内への出入りは、東門(バス出入り口)のみの利用と制限し、ご入場の全員を対象に検温を実施します。小学生の生徒は東門から体育館横の手洗い場へと進み、石鹸で手洗いを実施します。幼稚園生の保護者は、幼稚園校舎前まで一緒にお進みいただけます。ただし、入場、退出いずれにおいても校庭を横切り、東門をご利用ください。幼稚園校舎、ならびに本館校舎内への立ち入りはご遠慮ください。幼稚園生は、各教室への入室前に、幼稚園校舎横の手洗い場で、石鹸を利用し手洗いをします。各建物入口付近や教室に用意されている手指消毒用のアルコールスプレーもご利用いただけます。
すべての生徒、保護者、スタッフは、入学時にマスクを正しく着用しなければなりません(例:鼻と口の両方を覆うように)。マスクを着用していない人は、学校および学校敷地内への入場を拒否されます。来校された方は、体温を測り、備え付けのアルコールスプレーで手を消毒してください。
すべての生徒、保護者、そしてスタッフは学校敷地内に入る際、正しくマスクを着用することが求められます。(例:マスクが鼻と口、両方を覆っている)マスクを正しく着用されていない場合、校庭を含む学校敷地への立ち入りをお断りいたします。学校への訪問者は、検温と手指消毒のご協力をお願いしております。
生徒たちがマスクをしていないのはフルーツタイムとランチタイムだけなので、生徒たちが接触しやすい時間帯には、大きなプラスチック製の仕切りを使って生徒たちをさらに保護しています。また、教室の窓やドア、階段や本館の廊下の窓を常に開けておくことで、学校の縦割り構造を継続しています。
フルーツタイムと昼食時間のみ、生徒はマスクを外します。より近い距離での接触が予想される環境下では、それを避けるため大きなプラスティックのパーテーションを使用します。また、本館の教室や階段、廊下の窓を適宜開放し、換気を行います。
生徒たちはPEの時、Recessやフリープレイで外に出ている時には、体育館でも外でもマスクを着用します。気候が変わり暖かくなってきたら、このポリシーは見直されますが、少なくとも4月中はこのルールが継続されます。
生徒たちは、屋外、または体育館での体育、または休憩や遊び時間の間もマスクを着用します。今後の気温の上昇や気候の変化に応じてその都度協議が必要ですが、現段階において、少なくとも4月はこのルールを遂行します。
お子さんに「COVID 19」に関連するような兆候や症状が見られた場合には、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。
もし、お子さんにcovid-19と関連する症状が少しでも見られる場合は、登校をお控えください。ご理解とご協力に心より感謝申し上げます。
私たちは、大阪府教育委員会の方針や指導、OYISの定期的なプログラムに基づいて、生徒やスタッフの安全をすべての判断の中心に置き、常に地域の安全を守ることを目指しています。ご質問やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
私たちのコミュニティーの安全を第一に、生徒とスタッフの安全を優先し、今後も大阪府教育委員会および本科の判断に従い、状況に応じた判断をいたします。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
皆さまのご理解とご協力のもと、心より感謝申し上げます。

エミリー・ドンキン
Emily Don't Kite (英語名:Don't Kite)
外部プログラムコーディネーター
OYISエクスターナル(外部)プログラム コーディネーター

コメントを残す

カリキュラムの要素

サイトワード

2021-2022年度のサタデープログラムでは、Sight Wordsが大きな新要素となります。サイトワードとは、英語の中で出現する頻度の高い単語のことです。世界的には、ドルチ・リストとフライ・リストの2つの主要なリストが参照されています。

もっと読む
コロナウィルスについて

COVID-19 について(2021年4月更新)

この度は、大阪府内で確実に増加傾向にあり、[第四波]となる可能性が懸念されている新型感染症COVID-19についてお話したく、ご連絡をさせていただきます。お子さまたちが当校プログラムに参加されている間、安全を第一に考え実施している予防策を今後も継続実施していきますが、改めてご説明させていただきます。

もっと読む
コロナウィルスについて

COVID-19 について(11月更新)

幸いなことに、私たちの学校のコミュニティはこの間ずっと安全でした。それでも、ケースの増加は
懸念の重大な原因。過去数週間にわたって、私たちは全体で症例数が増加する傾向を観察しました
市。数が増えるにつれて、私たちのコミュニティへのリスクと警戒する必要性が高まります。今後ともよろしくお願いいたします。
学校のコミュニティを安全に保つために私たちをサポートしてください。

もっと読む
jaJA