fbpx

カリキュラム要素 - フォニックス

フォニックスとは、アルファベットの各文字(例えば「a」)が発する音と、文字の組み合わせ(例えば「station」の「tion」、「chair」の「ch」、「rain」の「ai」)が発する音のことです。

フォニックスとは、アルファベットの各文字(例えば「a」)が発する音と、文字の組み合わせ(例えば「station」の「tion」、「chair」の「ch」、「rain」の「ai」)が発する音のことです。このように、文字を発音する過程をデコーディングと呼びます。音とその過程を意識することは、生徒が文章の中で知らない単語に出会ったときに、それを読んだり発音したりできるようになるための鍵となります。また、フォニックスのスキルは、生徒が言葉を発音する(あるいは少なくとも発音しようとする)のに役立ちます。

フォニックスは、生徒に読み方を教える方法の一つです。OYISのサタデークラスでは、フォニックスとサイトワードの組み合わせに重点を置いています。なぜなら、英語のすべての単語が音声で表されるわけではないからです。フォニックスを教えるには、通常、生徒は文字の名前とそれが発する音を教えられます。この2つを区別することは非常に重要です。この2つを区別することに十分な注意が払われないと、生徒はしばしば混乱してしまいます。教師が文字の名前を確認したら、次にその文字で始まる単語をいくつか挙げていきます。例えば、「a-a-apple, a-a-ant, a-a-astronaut」のように。この場合、単語はすべて異なりますが、最初の音(この場合はa)に焦点を当てることで、生徒たちは単語の最初の音の響きの類似性を聞くことができます。

また、それぞれの音を子どもたちと一緒に発音することも大切にしています。特に重要なのは、それぞれの文字の音に追加の音を加えないことです。例えば、「y」の発音です。これは単数形の音ですが、「b」が「b」ではなく「b-u」と発音されるように、「y-u」と発音されることが多いのです。生徒が個々の音を練習すればするほど、知らない単語の発音が上手になり、結果的にスペルも上手になります。

そのため、家庭で行うフォニックスの量を制限して、誤った入力を制限する傾向があります。例えば、日本人が作る「b」や「d」の名前、「r」や「l」の音は、日本語にはこのような区別がないため、間違っていることが多いのです。正しい発音を教えてくれる優れたビデオが [これ] 1:47から 

en_USEN

メニュー

クイックリンク

サタデースクール

アフタースクール・プログラム